134701_210d210.jpg

タイガーウッズが使用しているドライバー紹介

ついにタイガーウッズがテーラーメイドのドライバー『M2』を本格的に使い始めました。
156743_360240.jpg


テーラーメイドのM2ドライバーは、「M1」シリーズとの兄弟モデルです。


ドライバーを確認するとグラファイト・コンポジット・クラウンが共通していますが、低重心設計に用いた構造に違いがあります。


弾道調整機能に代わり、「エアロバーナー」シリーズで採用されたソールの溝デザイン「スピードポケット」を搭載しています。


M2 ドライバーの最大の特徴は、M1 ドライバーと同様にクラウンです。


昔もこのタイプのドライバーはありましたね。カーボン素材(グラファイト・コンポジット)を採用し、ヘッド上部の軽量化をはかっています。


これにより、頭が軽いので従来モデルより低重心になっています。


M2 ドライバーは弾道調整機能がシンプルにもかかわらず、発表と同時にダスティン・ジョンソンなど、国内外の多くのツアープロが既に使用しています。


M2 ドライバーの飛距離性能は関係者の間でも「すばらしい」と言われています。M1 ドライバーと並んで、歴代のテーラーメイドのドライバーの中で最も低スピン弾道が打ちやすいです。


加えて、ヘッド重量が軽いので、振り抜きやすいのだ。タイガーウッズがしようしているので、アマチュアは使えない…という訳ではありません。


幅広いアマチュアゴルファーにも扱いやすいドライバーになっています。


ノーマルポジションでオープンフェースとはいえ、ポジションを変えればフックフェースにも変わるので、フッカーだけでなくスライサーにも対応できます。


今後、タイガーがツアーに参戦することでM2ドライバーの価値が上がるかもしれません。興味のあるかたは早めに手に入れてください。

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加