カテゴリ:トレーニング

トレーニングのカテゴリ記事一覧。100切り90切りは『アプローチ』と『パター』を練習すれば30日で可能です。

2016-01-19トレーニング
ゴルフのアプローチ・パターの精度、ドライバーの飛距離UPを現在のレベルより上達させるためには下半身の強化が不可欠です。それは分かっていて『下半身強化=ジョギングやスクワット』ということで最初は頑張るんですが、なかなか続かないですよね。寒くなったり、雨が降ったりして1回休むとズルズルとしなくなります。そんなズボラゴルファーのため(?)かどうか分からないけど昔から、ゴルフの下半身強化の筋力トレーニング...

記事を読む

2015-11-05トレーニング
パッティングで重要なのは『1.ライン読み』と『2.ストローク』ですが、パッティングが上手い人と下手な人の徹底的な違いは実は腹筋を使っているか?いないか?に差があるということは、あまり知られていません。パッティングというと筋力を使わなくてもできるショットだと思いがちですが、実は一番筋力を使うのです。プロは腹筋を使って打つから、球が重くなり少々の傾斜に左右されずに綺麗な回転で転がるボールが打てるのです...

記事を読む

2015-10-20トレーニング
40歳を目前としてくると体中のいろんなところがおかしくなってきました。運動も全くしていないのが原因です。ゴルフは2ヶ月、3ヶ月に1回できれば良い程度です。独身の時は毎週土曜日にホームコースを回っていました。そんな中でもゴルフは80台が出せるいうのが私の自慢だったのですが、会社のコンペに参加し、その自信がなくなりました。前半41、後半51で『92』と飛び賞にもニアピン賞にも当たらないというなんとも情け...

記事を読む

2015-10-18トレーニング
アプロ―チの上達で欠かせないのが下半身の安定です。アプローチが下手な人は下半身が緩い人が多いような気がします。今回はゴルフのアプローチがうまくなる方法をシングルプレイヤーの方にお聞きしましたのでご紹介します。自宅でできるアプローチが上達するための筋トレですので頑張ってみましょう!アプローチでは、腕の力は必要とされません。大切なのは、やはり下半身の安定で、それをささえる下半身の筋力が問題となります。...

記事を読む

300ヤード男が実践する“おすすめ”のゴルフ用『筋トレマシーン』

imagolljop85e1.jpg

ゴルフのアプローチ・パターの精度、ドライバーの飛距離UPを現在のレベルより上達させるためには下半身の強化が不可欠です。




それは分かっていて『下半身強化=ジョギングやスクワット』ということで最初は頑張るんですが、なかなか続かないですよね。寒くなったり、雨が降ったりして1回休むとズルズルとしなくなります。




そんなズボラゴルファーのため(?)かどうか分からないけど昔から、ゴルフの下半身強化の筋力トレーニングマシンとして使われているのが『レッグマジック』です。

41EcAvUG1aL__SX425_.jpg


元々は女性をターゲットにした下半身のダイエットマシンなのですが、あるゴルファーが奥様が購入したレッグマジックを見て使ってみたところ、飛距離が伸びたという嘘のような本当話から広まったと言われています。




私の知り合いも4か月ほど前に、このレッグマジックを奥様に興味を持たせ購入しました。自分のおこずかいを使わないところが流石です。\(◎o◎)/!



この方は、もともとドライバーは飛んでる方で260ヤードはコンスタントに出ていましたが、レッグマジックの下半身強化トレーニングでMAX300ヤード飛ぶようになったと喜んでいました。




この下半身筋トレマシーン『レッグマジック』は、意外とキツイので1回60秒以上できません。特に内腿に効くし脚を閉じたとき、足の指に力を入れて踏ん張らないといけないので『ショットの安定』にはかなり有効だと思います。




生徒さんのためにゴルフ教室に設置しているレッスンプロの先生も多いです。



★レッグマジックXの最安値を確認したい方はこちら(楽天)★




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パターが下手な人に提案!もっと腹筋を鍛えませんか?!

exg144_1.jpg

パッティングで重要なのは『1.ライン読み』と『2.ストローク』ですが、パッティングが上手い人と下手な人の徹底的な違いは実は腹筋を使っているか?いないか?に差があるということは、あまり知られていません。



パッティングというと筋力を使わなくてもできるショットだと思いがちですが、実は一番筋力を使うのです。



プロは腹筋を使って打つから、球が重くなり少々の傾斜に左右されずに綺麗な回転で転がるボールが打てるのです。



アマチュアの場合は手先でパッティングするから球質が軽くなり、転がりが悪くなるのです。止まりそうなのになかなか止まらないプロのボールの秘密は腹筋にあるのです。



では筋力の弱い女性や高齢者はどうしたらいいのか??当然、腹を鍛えるにこしたことはないですが、自分の持っている範囲でそれを使おうという意識があれば筋力が弱くてもパッティングは激変します。



やっぱり、腕の六角形を維持して安定してパターを打つためには腹筋ですよ!



これは練習のときから腹筋に力を入れて、普段から習慣づける必要性があります。パターが下手な人お腹で打ちましょう!



私自身は、運動不足解消の意味も込めて『アルインコ(ALINCO)のマルチコンパクトジムネオ EXG144』を購入しました。1万円ぐらいで十分の機能がついています。(腹筋しか使っていませんが…)3ヶ月使用しましたが、特に問題ありません。おすすめですよ。

exg144_1.jpg


★★★自宅で気軽にできる腹筋マシーンの最安値を調査(楽天)★★★



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのための健康トレーニング!目指せ★持久力と体幹力UP

im457987777age2.jpg
40歳を目前としてくると体中のいろんなところがおかしくなってきました。運動も全くしていないのが原因です。ゴルフは2ヶ月、3ヶ月に1回できれば良い程度です。独身の時は毎週土曜日にホームコースを回っていました。



そんな中でもゴルフは80台が出せるいうのが私の自慢だったのですが、会社のコンペに参加し、その自信がなくなりました。前半41、後半51で『92』と飛び賞にもニアピン賞にも当たらないというなんとも情けない結果でした。



後半の51の原因は分かっています。足の弱さがもろにでました。体が泳いでアプローチが全くできなくなりました。運動不足すぎて下半身が弱っていたのです。



風呂上りにカラダスキャンをしたところ体内脂肪が30%とまた、やせ形にも拘らず危険な状況になっていました。かなりヤバイ状態です。



「運動しないと・・・。」(-_-;)



ということで、土曜日、日曜日は3キロ(山のぼりあり)のジョギングを始めました。そのおかげで両足は筋肉痛。平日は、仕事で走れないのでアルインコのエアロバイク、腹筋マシンを購入。80台で回れるよう再度、運動することにしました。

im457987777age2.jpg


目標は、80台&ヘッドスピード40以上。レッスンプロの人とも良く話す環境にいるのでブログを見て頂ける方のお役に立てるようゴルフ初心者のために、ゴルフ業界のために(笑)情報発信をしていきたいと思います。m(__)m



体力低下でヘッドスピードが遅くなったことに気付いた話



アルインコのエアロバイクはおすすめです。ただし、ハードにトレーニングしたい人には向きません。強さMAXにしても大した付加は掛かりません。運動不足解消のためにおすすめです。部屋に置くにはちょうどいいです。私は毎日、最低2キロ以上走るようにしました。



★★アルインコのクロスバイクの最安値を調査!!(楽天)★★



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【重要】ゴルフ アプローチ 練習方法 自宅で筋トレで上達

438ffff30.jpg

アプロ―チの上達で欠かせないのが下半身の安定です。アプローチが下手な人は下半身が緩い人が多いような気がします。




今回はゴルフのアプローチがうまくなる方法をシングルプレイヤーの方にお聞きしましたのでご紹介します。




自宅でできるアプローチが上達するための筋トレですので頑張ってみましょう!




アプローチでは、腕の力は必要とされません。大切なのは、やはり下半身の安定で、それをささえる下半身の筋力が問題となります。青木功プロの下腿(かたい)の太さは普通の人の2倍あるそうです。




身体の軸のブレを防ぐためには内転筋(ないてんきん)の強さが必要ですし、地面を足の裏で確実にグリップするためには下腿(かたい)の大きな筋力が欠かせないのです。



この下腿を鍛える筋トレは『カーフ・レイズ』といいます。この筋トレメニューだけで良いので継続してみましょう。うそのように安定したショットが打てるようになります。僕は三日坊主なので続かないような気がしますが・・・。




『カーフ・レイズ』のやり方はユーチューブのリンク先を用意したいと思いますので、そちらをご覧ください。






明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ショートゲームの達人~ガッツポーズが出せるアプローチ&パター~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます