imge4.jpg

暑くなりましたよね・・・みなさん熱中症には気を付けてください。今回はプロのようなバックスピンの掛け方についてお話しします。


大事なことは3つだけです。




1.クラブヘッドを思いっきり走らせる


ダウンブローでボールを捉えれば、自然に逆の回転がかかりますが、強くスピンを利かせる場合には、インパクトでヘッドを強く走らせることが大きなポイントになります。つまり、スピンをうまくかけられない人は、うまくヘッドを走らせることができていないといえます。



2.下半身は左右に流れない軸を意識する


ヘッドを強く走らせるには、まず軸をブラさないことが大切です。ですから、テークバックで下半身が右に流れたり、インパクトで左に流れたりという挙動はNGです。下半身が左右にブレれば、軸もブレてしまい、ヘッドが走りにくくなります。




3.脇も内股もしっかりと締める

ヘッドを走らせてスピンを利かせるコツは、締めるところをしっかりと締め、走らせるところは走らせる。締めるべきところが、ちゃんと締まっていれば、走るべきところも走りやすくなるのです。足の内側に加えて締めるべきところは、両脇です。こうして支点となる各部分を締めて、ブラさなければ、先端が走るというわけです。



キュキュキュー!!!止まった!




おすすめの教材★ゴルフアプローチ上達革命




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加