ima45888877ge2.jpg
アプローチには、ボールを上げたり、転がしたりと3つの種類の打ち方があります。その3つはランニングアプローチ、ピッチエンドラン、ピッチショットです。それぞれの説明と100を切るまでの対応についてお伝えしたいと思います。



1.ランニングアプローチ

キャリー(飛ぶ距離)は少しだけで、ほとんどがラン(転がす)のアプローチです。



このアプローチの最大のメリットは、3つのアプローチの種類の中でも、最も簡単で、最もミスの少ないアプローチになります。



打ち方も簡単で、基本的には両足をそろえて、右足寄りにボールを置くことで自然とフェースが立ち、自然とボールを転がすアドレスがとれます。



使用するクラブは、転がす距離にもよりますが、8Iや、9I、pwで打ちます。ロフトが大きいほど飛ぶ距離が伸びてきます。



ランニングアプローチのデメリットは、ほとんど転がすために、ボールとグリーンの間に障害となる部分がある場合は、この方法でのアプローチを選ぶことができません。また、グリーン上の傾きにも大きな影響を受けます。



2.ピッチエンドラン

半分はキャリーで運び、あとの半分は転がすアプローチです。このアプローチは、3つのアプローチの種類の中でも、
一番基本的なアプローチの方法で、比較的長めの距離のアプローチでも応用できます。



ピッチエンドランの打ち方は、3つのアプローチの種類の中でも単純です。



打ち方は、ハーフショットやスリークウォーターショットなどいつもどおりのスイングのふり幅を小さくするだけです。



構えもオープンなどにする必要はありません。



このアプローチの練習は、スイングの核となる部分の練習にもなりますので、ピッチエンドランが上手く打てるようになると自然とフルショットも安定してきます。(ビジネスゾーンを鍛えることになります)



3.ピッチショット

ボールを高く上げて、落としたいところに止めるアプローチです。



3つのアプローチの種類の中では、ミスする確率が一番高いアプローチですが、グリーンエッジからピンが近い場合などにとても有効です。



打ち方はピッチエンドランと同じようにアドレスをとります。



ピッチエンドランと違う点は、ボールを置く位置を少し左足寄りにして、フェースを少し開きます。



スタンスはオープンにする必要はありません。




基本となるアプローチですが『高く上げる意識が、”しゃくり上げる動作”』や『フェースを開くことでSWなどのクラブはリーディングウェッジが浮くため、トップなどのミスが出やすくなる』ことを誘発させるため、100切りできない方にはおすすめできません。



以上、ゴルフのアプローチの3種類をご紹介しましたが、これは100切りする人のための基本的なアプローチの種類です。



ロブショットなど、アプローチにはいろいろ種類はありますが、100切りを目指す人は、とにかくミスの少ないアプローチを選択する必要があります。



ミスの少ないアプローチの種類は、ランニングアプローチピッチエンドランの2種類です。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加