15mar06.jpg

本日、ハーフだけ夕方からラウンドしました。


アイアンショットの方向性が悪かったので、反省していたのですが・・・(笑)、症状(ミス)に対する原因が分かりましたので、このブログでシェアしたいと思います。



アイアンショットは、昔に比べダウンブロ―で打てるようになりました。それは良かったのですが、そのことによりボールの飛び出す方向が『ナイスショット』なのに右に出て行き、結果グリーンにのりませんでした。



方向性の問題は、理論を知らないことにありました。ダウンブロー傾向が強くなるほどスイングプレーンの右にボールが飛び出します。ショートアイアンはその最たるものですから、ボールはけっこう右に飛び出すわけで、そのぶんターゲットの左に振り抜いていく必要があるのです。


image2201154558.jpg


その理由としては、ボールをスイングプレーンの最下点でとらえた場合、インパクトでのフェース面はターゲット(まっすぐ)を向きます。しかし、クラブヘッドが下降している間にボールをとらえた場合、クラブヘッドの軌道およびフェース面はターゲットの右を向くのです。



プロのアイアンショットのターフ跡がピンの左を向いていることが多いのは、こういう理由からだそうです。



ちなみにアッパーブローでとらえるドライバーショットは逆に、スイングした方向の左にボールが飛びますので、ターゲットの右に振り抜いていくのがイマドキのセオリーです。






明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加