ima779529663ge4.jpg

パッティングは、ラインの読みとその通りに打つテクニックの2つが合致しなければなりません。



女性ゴルファーの場合、男性と比べて想像力が乏しい方が多いような気がします。もちろんラインを読む力とかは経験が大きく影響する部分もあるため、パットが苦手な原因は想像力不足だけではありません。



ただ女性の場合、グリーンに上がった時点で、自分の位置確認や、どの方向に打っていったらいいのかという想像力を働かせる力が男性より欠けている方が多く、何をしたらいいのかわからない状態になってしまいがちなのです。



もちろん、これは練習を積み重ねることで体得できるようになります。



練習場でドライバーやアイアンは打ち込みができますが、パターは他のショットに比べて練習不足になりがちなります。ただ、自宅でもちょっとしたスペースでできるのがパッティングの良いところです。



上達を早めるコツは、自分だけのオリジナルのルーティン(ボールを打つまでの手順)を決めることです。 練習でも本番でも同じことをしておくからこそ、コースに出ても練習通りの結果を得られるのです。



パッティングでは、まずラインの読みが必要です。グリーンの傾斜、芝目をよく観察してボールの曲がり方を予測します。練習グリーンでは、最初から漫然と打って、ボールのころがりを見てから修正するのではなく、必ず打つ前にボールのラインを自分なりに読んでから打ちます。



一般的に女性は、クローズスタンスに構えがちですが、ライン上に設定した目標に正確に向いて構えているかどうかも意識してチェックします。ストロークに練習のウェイトを置きがちですが、正しくラインを読めているか、構えているか、がもっとも大事です。



この2点が、きちんとしていないとどんなにいいストロークをしてもパットは入りません。



パットがうまい人は、難しいラインを入れる人ではなく、簡単なパットを簡単に入れる人を指すのです。意識して自分のルーティーンをつくり、実行するのです。そうすれば、「入ってくれ」という期待感ではなく、「入れるためのやるべきことはやった」という安定した気持ちでプレーできます。



パッティングは、打つ前での『準備』が最も大切です。ストロークするまでが8割、ストロークが2割というの重要さの比重です。



1メートルのショートパットが入る自信がついてくれば、2メートルのパットが入る確率もぐんと上がります。そうすれば、自然とロングパットも気が楽になって2メートル以内に寄る確率が高くなるのです。



パッティングは他のショットと違うと思っている人は多いようですが、実際は体の使い方はショットもパッティングも同じ。だから自宅でパター練習すれば、ショットの上達にもつながるのです。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加