ad-15ss-rn-jli72.jpg

ゴルフのレインウエアの選び方のポイントをご紹介します。ちゃんとゴルフのために考えられた(作られた)レインウエアを買いましょう!ビニールのカッパとか蒸れて死にますよ(笑)



レインウェアは雨の日にしか使わないから、余りこだわらないで安いモノでいいのではないか、という意見もありますが、多少価格は高くでも、高い防水機能をもつレインウェアを購入をおすすめします。



ポイントは『濡れない・蒸れない・動きやすい』です。




★防水性(耐水性)に優れたものを選ぶ

体重75Kgのヒトが、カートの座席に座ると、約0.2kg/cm2の圧力がレインウエアのパンツのお尻部分にかかります。



0.2kg/cm2の圧力を耐水圧に換算すると2,000mmになります。



耐水性、防水性というのは、JIS規格で決められていて、耐水圧2,000mm(2m)以上がレインウエアと認定されます。



濡れたところにヒザを着いた場合は、約1.1kg/cm2になると言われ、コレを耐水圧に換算すると11,000mmになることから、雨水を通しにくい生地、最低でも20,000mm以上の耐水性、防水性のあるレインウエアが最適と思われます。



レインウェアは購入後に劣化により性能は低下していきますので、それを考慮して20,000mm程度あればよいと思われます。この数字を覚えておくと選ぶときの目安になりますよ。


★透湿度(透湿性)に優れたものを選ぶ

ゴルフなど運動をすると、人は熱くなり汗を出します。体温調節をするために汗を皮膚から出して水蒸気として気化してカラダを冷却しています。



レインウエア、雨具は外からの雨水は防ぐが、カラダを動かして発生する汗、水蒸気は外に出すという機能が必要になってきます。高いレインウエアここがすぐれています。



だって『外からの水分の侵入は防ぐ』のに、『内側にある水分は外に出す』という考えただけで“矛盾している難しい技術”だということが良く分かります。(笑)



★必見★雨の日のゴルフで注意点しなければいけないポイント★



★人気★おしゃれなゴルフのレインウェアランキングはこちら(楽天)★



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加