ima45858857ge5.jpg

イボミ スイングの秘密
国内女子プロゴルフツアーでは韓国のイボミ選手の強さが際立っています。日本人の私としては当然日本の選手に活躍して欲しいのですが…。残念です。



それにしてもイボミ選手の強さは何なのでしょうか?身長160cm体重56kgということで特別身体が大きい選手ではありませんし飛ばし屋でもありません。



イボミ選手は、ツアー屈指の「ショットメーカー」として知られており、2014年の部門別ランキングではパーオン率、パーセーブ率、平均ストロークで2位を記録している。特にアプローチやパッティングに関しては他の選手より抜きに出ています。



その『記録』と『うまさ』を支えているのが、『体幹力』とそこから生まれる『捻転』の使い方だと言われています。



下半身リードで左足にウェイトをのせ、体幹の強さで上体振り切っている選手はなかなかいません。このように、ぶれない身体を持っていることでキレの良いスイングが可能となり、それがまたショートゲームの強さになっています。



彼女は地面に貼りついているかのようなスイングをします。これを可能にしているのが日々の『筋力&体幹力トレーニング』ということなのです。



イボミ パッティングの秘密

イボミ選手のグリップの握り方は、『逆オーバーラッピング』です。アマチュア時代からこの逆オーバーラッピングの握り方で、どんなに調子が悪くても握り方を変えることはないようです。



この逆オーバーラッピングの長所は両手首の一体感とボールにパワーを伝えやすいことを彼女はコメントしています。パターの距離感が安定しない方やパンチが入って、ついついカップをオーバーしてしまう方は『逆オーバーラッピング』が良いかもしれません。



★簡単カップイン!!逆オーバーラッピングについてはこちらの記事をご覧ください★



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加