006d6d9c-s.jpg

基本的に5メートル以上のロングパットは入れにいくパットです。『ショートパットを確実に入れることが大切』とよく言われていますが、ロングパットでいかにカップに寄せられるかが3パットを無くすためのスキルでもあります。




ストロークに一定の基準を設けて再現性の高い動きが必要があります。しかしながら、それ以上にストロークの再現性を意識しすぎると肝心の距離感が出なくなります。




ロングパットは、ゴルファーのフィーリングがもっとも試されるパットなのです。





距離のフィーリングを出すためには、上体の前傾角度を浅めにしたほうがいいという意見が多くあります。こうすると、カップまでの距離やラインがつかみやすくなり、「このくらいのストローク幅で打てば、だいたいOKにつくはず」ということがイメージしやすいのだ。



輪投げ』をイメージして頂くと分かりませんか?!




さらに、前傾角度を浅くすると、腕も動きやすくなります。アベレージ・ゴルファーはロングパットを大ショートすることが多いけれど、そうしたミスも少なくなるはずです。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加