imge4.jpg

ウエッジでフェースを開いて、ボールを上げながてスピンを掛けるのは簡単で初心者でもやりやすいと思います。しかし、ボールを低く出してスピンで止めるのは、イメージが難しいですよね。




一体どうしたら、低く打ち出したにも関わらずスピンのかかるショットができるのでしょうか?!順番に打ち方のコツを紹介してみたいと思います。



クラブは、当たり前ですが強いバックスピンがかかるよう、サンドウェッジを選びます。




基本的な考えとしては『低く出す』ので、スイングのベースは『ランニングアプローチと同じ』だと考えてください。ボールを上げたいときは長く、転がしたいときは短く持つという基本に従って、クラブは短めに持ちます。




クラブを短く持つことによって、スタンスとボールの距離が近くなり、自然と縦振りのスイングになります。こちらも、『ランニングアプローチと同じ』ですね。



スタンスは左足だけ開くのではなく、スタンス全体をオープンにして立ちます。




ボールは低く出したいので、右足の前にセットし、ハンドファーストの構えにします。





フェースは目標よりも、やや開く感じでアドレスしましょう。ここまでは、ランニングアプローチと同じです。大きな違いは下記の説明からになります。




コックを使わないランニングアプローチに対し、キュッと止めたい場合には、テークバックからコックを早めに入れて、大胆にコックを使うことで、鋭角的なインパクトを作ります。




インパクトはカットめに入れるのではなく、ボールをフェースでグッと押し込むように緩まないようにインパクトをします。




コックを使って鋭角的にインパクトしながら、さらにボールを強く押し込むことで、強いバックスピンが生まれます。従って、フォローは低くかつ、フェースが返った形になります。




「イメージできましたでしょうか?」説明した後にいうのもアレですが、この打ち方的に考えてでゾーンでボールをとらえるというより点でとらえる形になりますので十分練習した上で、チャレンジしてみてください。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加