ゴルフを始めるには、まず何から始めれば良いのか?きっかけ作りの方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフを始めるには、まず何から始めれば良いのか?きっかけ作りの方法

im4545869353age2.jpg

まったく0からゴルフを始めようとした時に、まず何から始めれば良いのかと悩まれる方は多いかと思います。



何となくゴルフを知っている方ならば、道具(クラブ)を買って近所の打ちっぱなしに行って練習することを考えられかと思います。そして、身近にいる上手い友達に教えてもらうことではないでしょうか?!



しかしながら、上手い人を見つけるのは大変で女性ならなおさら見つけることに苦労すると思います。



そんな時、役立てたいのが打ちっぱなし練習場のレッスンを受けてみるということです。練習場ならクラブを買わなくてもレンタルがありますし本当に継続して続けられるスポーツか判断することもできます。



また、そこの練習場のスクール生徒のつながりもできますし、その練習場主催のコンペ(ゴルフ大会)などに参加すればいやでも練習生とコミュニケーションを取ることになりますのでゴルフ仲間を増やすことが出来ます。




そして、最近、僕が初めてゴルフをされる方におすすめしているのがシュミレーションゴルフです。




ゴルフを習うにあたりグリップとアドレス、そして、ボールを打つ動作、いわゆるスイングと言われる部分、これらの初期的な段階を習うだけならシュミレーションゴルフでなんら問題無いと思います。



シュミレーションゴルフでもレッスンを受け付けているところも多くあり、道具(クラブ)も借りることも可能です。



シミュレーションゴルフは数メートルしか離れていないスクリーン(幕)に向かってボールを打ちます。打ったボールの弾道、つまり高さや曲がり具合などのボールの軌道はかなりアバウトですが、何となく判断することが可能です。



逆に考えると本格的な練習には向かないと言えますが、まずはボールに当たる感覚を習得するまでは十分だということです。



屋内練習ですので真夏や真冬、雨、雷など天候を気にすることなくゲーム感覚でゴルフをすることが可能です。まずは、自分が楽しめるスポーツかどうか試すことが出来ます。




野外の打ちっぱなし練習場は、目標を見て「○ヤードくらいだな‥」、「このクラブでなら届きそうだな‥」と目から入ってきた情報と感覚でボールを打つことができますので、次のステップとして活用する方が効率的だと思います。




P.S.練習場はクラブなど道具を貸してもらえますが、グローブ(手袋)を借りるのは抵抗があります。私と同様の感覚を持たれている方は、グローブ(手袋)だけは買っておきましょう!



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © ショートゲームの達人~ガッツポーズが出せるアプローチ&パター~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。