imge4.jpg

ゴルフの初心者や90台レベルの方の中にはゴルフボールは何でもいいと無関心な方が8割以上いるかと思います。そんなあなたに提案があります!『ゴルフクラブばかり良いものを探し回るよりボールを変えることでスコアアップにつながる可能性も十分ある』ということです。



ゴルフの初心者の方はゴルフボールに硬いタイプと柔らかいタイプがあることをご存じではないと思うのですが、実は色々な硬さや特徴を持ったゴルフボールが販売されています。



このボールというものは非常に重要で打った時のボールの飛びやスピン量、感触まで全く違ってきます。硬さに関しては、ボールのコア(中心部分)まで含めたボール全体の硬さとカバー・ミッドの硬さの違いによって目的が分けられています。



例えば「ディスタンス系(飛距離重視)」の場合、コントロール系に比べてカバーが硬くなっているので、アプローチショットでは硬く感じ、 大きな力によりコアまで変形するドライバーでは柔らかく感じます。



コントロール系(スピン重視)はディスタンス系に比べてカバー・ミッドが軟らかいので、 アプローチでは柔らかく感じます。つまり「硬い、軟らかい」という感触は『ドライバーショット』と『アプローチショット』で違ってくるのです。



以前は、ボールの硬さの指標のひとつとしてコンプレッションという数値があり、硬めのコンプレッション100を黒。 90が赤色、80は青といった数値で表示され、ボールにある負荷を掛けて押しつぶし、その変形の度合いを表していました。




現在売られているゴルフボールは様々な素材・構造の組み合わせ(外が柔らくて中が硬い。外が硬くて中が柔いetc)が可能となったので コンプレッションという指標では、フィーリングを表すのに限界にきたのです。




それがルフボールのコンプレッション(硬さ)表示がなくなった理由なのです。




例えていうなら、コントロール系(スピン重視)はアプローチではディスタンス系より軟らかく感じますが、 コンプレッションの数値的にはディスタンス系(飛距離重視)よりも総じて硬めなボールが多いなど表現に矛盾が生じているのです。




アマチュアの場合、打ち方とマッチしていないボールを使うことで、ドライバーの場合約15ヤードくらい飛距離をロスすることもあります。 クラブをあれやこれやと買いなおす前にボールを変えることで 自分のスイングやクラブ本来の性能をより生かすことができる可能性があることを理解しましょう!




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング