P1250349.jpg

冬専用ゴルフボールってあるの??
冬になるとゴルフをしない方も多いと思いますが、ゴルフ大好きに季節はあまり関係ありません。しかし冬のゴルフというのは寒いので飛距離が落ちてきます。



そこで良く聞かれるのが「ゴルフボールに冬用があるのか?」という質問なんですが、答えから言うと「冬用ボールはありません!」という回答になります。車のタイヤじゃないんだから・・・(-。-)y-゜゜゜



しかし確かに冬のボールは樹脂が固くなり反発が弱くなって初速度が落ち、飛距離はロスします。そこを少しでも補うための対策はありますのでお知らせしたいと思います。




まず飛距離のロスについてですが、実はボール自体の気温による影響は、さほどないとボールメーカーが調査しています。夏と冬では思ったより反発係数はあまりかわらず、気温23℃と気温5℃の時で5ヤードほどしか減少しないとの実験結果が出ております。




「5ヤードも!」と思われる「5ヤードしか!」と思われるかは個人の判断によります。




ここまではボールによる飛距離の影響の話ですが、冬のゴルフはそれ以外にも飛距離に影響を及ぼす原因があります。その原因とは?!




1.身体が回らなくなる

冬場のように気温が低くなると、温かい季節に比べ、筋肉の動きが悪くなります。また、服も厚着になりますのでヘッドスピードが落ちます。



2.空気が重くなる

空気は冷やされると収縮し、その密度は大きくなります。密度が大きくなると空気抵抗が増すため、飛ばなくなるという理論です。



3.ゴルフボールが硬くなる

物理的に、気温が下がると、ボールの樹脂が固くなり反発が弱くなって初速度が減ることが実験によって立証されています。




気温の低い冬のゴルフは、ボールだけでなく、いろいろな原因が重なり、飛ばないと考えておく方がいいでしょう。



それでも対策したい人は?




ゴルフボールを『レディスボールに変えるこ』と『ボールを温めること』『シャフトを柔らかいものにすること』などがあります。




レディスボールはコアが柔らかくなっているので通常のボールよりは良い影響をもたらしてくれるかもしれません。カイロなどでのボール温め技についてはルール違反※ですし、すぐにボールは冷めます。シャフト違いもしくは冬用のクラブをそろえるのはお金が掛かります。



私があえて冬対策を考えるなら、機能性インナーなどを活用し出来る限り薄着になり、ボールをレディースに変えて、常に一番手、二番手大きなクラブで打つということがベストだと思います。




※規則14-3「人工の機器、異常な用具と用具の異常な使用」というものがあり意図的にボールを温める行為は、この規則14-3に抵触ことになります。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加