glf0003-009.jpg

パターの基本は「微妙な身体の軸のねじれ」です。固定されたグリップを、上体の背骨と左と右下方部の筋肉によって動かしていきます。



この感覚が出せないうちは、両肩の動きにつられて、腕が動き、グリップが動き、パターヘッドが動きて行く感じでもいいです。




パッティングは、決して手首優先の動きになってはいけない。高速グリーンに対抗するにはパチンと言うタップ式のような打ち方はしない方が賢明でしょう。



しかし、実際のコースになると意識が球を入れることに集中してしまい、どうしても頭が動いてしまう人が多いですよね。



たとえば、インパクトのとき、先のカップが見えてしまい、右肩が前に出てきて、その結果、ストロークラインが狂ってしまい、カップの左側にはずしてしまう。



つまりストロークが良かったと思っても、上体が動くことによってストロークが狂う。このことを知っておかないとこれからの練習も意味がなくなってしまいます。



こういった悪い癖を矯正する練習方法があります。頭を部屋の壁につけてパットの練習をする方法です。

im45rfgfage.jpg


この練習を続けることで、無駄な頭の動きがなくなり、目線とボール、目標と肩のライン取りが正確になり、またパターヘッドを肩で動かす感覚を持てるようになります。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加