imhdhdhdhage.jpg

シミとシワが増える一番の原因は、太陽光に含まれている紫外線にやられてしまうことです。



紫外線を浴びる量が、将来的にどのくらいシミやシワが出るかという差になりることは有名で、腕ぐらいいいかとあまり日焼け止めを塗らなかった私の腕はシミだらけです。




ですから、ゴルフなど長時間外にいる場合は、帽子をかぶったり袖付きの服を着るなど肌の露出を控え、紫外線をカットすることは若い時こそ大切です。



紫外線にはその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。



紫外線のうち地上に届くのは、UVAとUVBのみです。



そして紫外線の約95%を占めるUVAが、基本的にシワの原因となるのです。



UVAが体内に入ると活性酸素が生じ、皮膚を破壊させますが、これが慢性的に続くと皮膚の中にある真皮の弾力性と柔軟性が落ちシワが深くなるというわけです。



ちなみにUVAは、冬でも夏場の半分程度にしか減らず、ガラスも通過しますから室内にいても日焼けは起こります



UVAがシワをつくる主要因なら、UVBは主にシミをつくる原因です。



日常的に紫外線のUVBを浴びていると、肌が濃く見える原因となっているメラニンが作り続けられ、皮膚の表皮が新陳代謝を繰り返しても、その部分だけは色素沈着が継続します。



これがシミ。また、UVBによる皮膚の炎症は、新陳代謝のサイクルが狂い未熟な細胞が作られ肌荒れの一因となるのです。



冬場になると、UVBはUVAに比べて格段に少なくなりますが、加齢によるシミを抑えるためにも季節に関係なくの紫外線防止が大切なのです。



では、シミやシワの原因となる紫外線を防止する方法ですが、帽子をかぶったり日焼け止めを塗ることですね。



日焼け止めは、肌を白く保つためだけではなく、肌を健康に保つためのもの。ゴルフのプレー中はもちろん、男性も女性のように日常的に日焼け止めを使うことをおすすめします。


↓公式サイトです。







★ゴルフ専用の日焼け止め『ゼロホール』楽天最安値情報はこちらです。★



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加