image120151221.jpg

初心者ゴルファーの人から『傾斜地から寄せる時にどうしたらいいのか分からない!』と聞かれることがあります。



傾斜ごとの正しいスタンスやフェイスの向きがあるのかということですね。



たとえば『左足上がり』の場合を考えてみましょう。



実際に左足上がりの傾斜地でアプローチの素振りをイメージしてみればわかるように、傾斜に沿ってもっともスムーズにクラブが振
れる、つまりヘッドを「下から上」に動かしやすいのは、ターゲットより少し右を向いたときです。



右を向くことで傾斜の角度がゆるやかになるため、ヘッドがひっかかりにくくなります。



ただし、スタンスは右を向いているのに、クラブフェイスの向きはそのままでは、当然ボールは右に出てしまいます。そこで、フェイス面を少し左に向ける(閉じる)。



ただし、フェイスを左に向けるとはいっても、身体の向きに対してそうなるというだけの話で、実際のフェイス(リーディングエッジ)は、ターゲットを向いています。スタンスは右向きで、フェイスを閉じるといえば、そう、これはフックの打ち方です。



つまり、左足上がりでは、フックのイメージ(インサイドアウトの軌道)でアプローチするのが正解というわけです。



同じように「傾斜に沿ったスタンスとフェイスの向き」を見つけていくと次のようになります。



image120151221.jpg



ただし、これはあくまで基本原則であり、まったく逆のケースもあります。



たとえば、左足上がりで、傾斜が急で、クローズに構えると、左膝がスイングの邪魔をするような場合はオープンに構えたほうがいい時もあります。状況により判断が必要です。(ボールに当たらないと話にならないので状況を判断し無理しない打ち方を考える)



左足下がりの場合も、ワンクッション入れてグリーンに乗せるなど、低くて強い球を打ちたいときは、クローズに構えて、少しフェイスを閉じたほうがうまくいきます。



つま先上がりにも例外はあります。のライではひっかけやすいという人は、むしろある程度ひっかかることを想定して、クローズに構え、フェイスを閉じ気味のほうがいいです。



つま先下がりの場合も、もともとスライスしやすいライなのだから、オープンに構えて、フェイスを開いたほうが、ラインが出しやすい場合もあります。



というわけで、傾斜と構えについての公式は、アプローチとふつうのショットでは違う場合があるし、「これしかない」と決めつけないほうが良いと思います。



ただ、スタンスやフェイスの向きによってどんなボールが出るのかという『傾斜地での基本原則』は変わらないから、それだけは頭に入れておくとよいです。



アプローチでは、ゴルファーのイマジネーション(想像力)が試されるとよくいいますが、原理原則さえ知っていれば、誰でもさまざまなアプローチの仕方がイメージできます。



ただし、イメージできることと、それがちゃんとできることは別ですが、ちゃんとできるためには、結局、練習を積み、何度も実戦で試すしかないのでです。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加