imge4.jpg

パターが入らないという、そもそもの話がですね~。



最初から間違った方向を向いているのです。ハイ・・・。くだらないと思われる方もいると思います。そこのあなた!



本当ですよ。目の錯覚や利き目などの影響を受け自分では思ったように構えているつもりでも間違っています。



この場合は、練習ラウンドの際に同伴者からアドレスをチェックしてもらい。自分の感覚と実際の差を埋めていくしか方法はありません。




ぜひ、立ち位置を確認してください。私はこれで差を埋めたところ、そのラウンドでは4、5打ぐらいは違っていたと思います。




スタンスの方向を違っていたら、いくら練習しても無駄ですよ。


あと、慣れて来たら、おすすめとしては、フォローを取りやすくするためオープンスタンスです。



ただし、足元はオープンですが、腰から上はターゲットに対し真っすぐに構えないといけません。このアドレスにしてから体とフェースの開きが抑えられ、イメージしたラインに乗せやすくなりますよ!



ストロークがブレやすい人は、ぜひ試してみてください。





おすすめの教材★森本光洋ゴルフ「パット名人養成講座」



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加