imge4.jpg
ゴルフのパターには様々なグリップや道具がありますが、それがどんなものであったとしてもパッティングの基本は、肩と腕を動かすことによってパターのヘッドを動かしボールを転がす、という点に絞られます。したがって肩や腕をどのように動かすかが非常に大事になってくるのです。




パッティングの基本は、大きく分けて3つが挙げられます。
まずは、構えた時にボールが目の真下か、やや左側にあることです。自分の目とボール、さらにカップが一直線になるところにボールを置く、つまり自分自身がその位置に立って構えることが大事ですね。




次にボールを打つわけですが、この時に決して慌てず、むしろゆっくりとテイクバックを取り、そこからヘッドを加速させながらボールを打つようにしてください。打つ前のテイクバックと打った後のフォロースル―が同じになることも心がけましょう。




また、グリーンの上であってもボールは芝の中にわずかに沈んでいるので、無理にボールを上手く転がそうと考えるのではなく、最初はパターのロフト部分を利用してボールを浮かせるように打ち出してみましょう。






おすすめの教材★森本光洋ゴルフ「パット名人養成講座」



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加