imgfuyrqage2.jpg

ゴルフのアプローチで方向性を良くするためのポイントをお伝えしたいと思います。



アプローチの方向性良くするというと『スタンスの向き』、『クラブフェイスの向き』に気をつける方は多いのですが手首の角度を気にされているかたは少ないようです。



スタンスがきちんと正しい方向を向き、クラブフェイスの向きも問題ないにも関わらず思った方向にボールが飛んで行かないのは手首の角度に問題がある場合が多いです。




手首の角度(形)が間違っているもしくは安定しないということです。




右手親指と左手甲の接触感覚が変わらないでスイングできれば、クラブフェースの向きはスクエアに保たれていることになります。




スクエアフェースと正しいスイング軌道でアプローチできれば、必ずストレートボールが打てます。



しかし、スイング中に左手首の角度が変わってしまえば、絶対にストレートボールは打てません。難しいことですが、フィードバックが得られるので非常に効果があります。




アドレスで作られた左手首の角度は、スイング中に変わることはありません。この角度を維持する意識が必要です。アドレス時の左手首の角度=スクエアフェースなのです。




ですからスイング中に左手首の角度が維持されていれば、フェースの向きもスクエアに保たれているということになります。




右手親指の感覚を意識していれば、スイング中のどの位置で手首とフェース向きに問題が起こったのかわかるはずです。



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加