imge4.jpg
グリーン上でのパッティングは、一気にカップインさせることを考えるのではなく、1打前よりもカップに近づけられれば良いという考え方をすると良いでしょう。




リラックスして打つことが基本。自分の身長より長い距離は入らなくて当たり前(笑)だんだんカップに近づいていくことを基本として、それに必要な距離感を養うことが大切です。




そもそもボールは、打った瞬間から次第に減速しながら転がっていきます。





最初は「普通の速さ」、次に「ゆっくり」、そして「さらにゆっくり」と、大まかに3段階に分けて考えてみてください。





そうすると、自分が「打つべき距離」がカップまでの距離ではなく、その3分の1の距離で良いということになるのです。これをグリーンの状態(雨や芝の長さ、上り・下りなど)によって、距離の長さを調整していくのです。




また、パットは打つべき距離が変わっても、その打ち方は一定に保つことも重要です。その為の訓練として、パッティングをする構えから左足を少し前に出して、それをボールに見立てて素振りをしてみてください。




打つ距離に関係なく、同じ強さ・同じ速さでパターを動かせるようにしましょう。それが出来るようになると、あとは実際にパターでボールを打つ際の距離によってパターの「振り幅」だけを調整するだけで良くなるはずです。





パット教材の切り札★森本光洋ゴルフ「パット名人養成講座」



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加