ゴルフでラウンド中にスイングで気をつけること!練習場との違いは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフでラウンド中にスイングで気をつけること!練習場との違いは?

imge4.jpg


ゴルフ練習場ではうまく打てる確率が高いのにコースに出ると別人?!のように曲げたりダフッタリトップしたりしている人いませんか?たまに見かけます。



そのように練習場とコースでナイスショットの確率が大きく違う方は、チェックするポイントを自分なりに覚えておかないとうまくなりません。


ゴルフは再現性のスポーツです。練習場でやっていることコースでも再現できなければ良い結果になることはまずありません。考え方の一つとして再現性を高めるということにポイントを置きましょう。



まず、基本的なスイングができている(練習場ではうまく打てる)ことが大前提で話を進めていきますが、大きく結果に差が出るポイントとしては3つほどあげられます。



1.コースでは練習場以上に力む人

練習場ではミスが許されるので、気楽に打てますし、リラックス状態で球を打っていると思います。しかしコースでは、「グリーに乗せなければいけない!」「まっすぐ打たなければいけない!」と気合が入りすぎている人が多すぎなのです。



「~したい!」「~でないけない!」と思わないことです。まず自分のレベルを冷静に考えれば「こうなればいいな!」ぐらいで十分です。あまり下手な自分に期待しないほうがうまくいきます。



気持ちが変われば脱力できます。それでも力が抜けない人は、



①深呼吸し息を吐いてからスイングする。



②飴などをなめる。



③こんにゃくなど柔らかいものをイメージする。(イメージは大切です!!)



④手首をぶらぶらしたり回したりする。


2.コースと練習場では、スイングのリズムが違う人

コースに出ると、スイングのタイミングが早くなる人が多くいます。これは自分の中でスイングテンポが確立できていない証拠です。力まずゆっくりのテンポでスイングしましょう!



スイングをゆっくりするコツとては、素振りの時に「1~.2~.3~」「チャー・シュー・メ~ン」など口づさんだりすることがベタですけど良いです。また、スイングのトップの位置で腕を止めれるぐらいで振ることを普段からの練習やゴルフ場のレンジで練習することもお勧めします。



3.コースと練習場では、スタンスなどの構えが違う人

これは多くの人が気づいていません。ゴルフが上手な友達とゴルフをしても、ラウンド中はその人も自分のことで頭いっぱいですから誰も教えてくれません。でも、かなりの人が気づかないまま打っています。


一番多いのは、スタンスの幅。みんな大きくなっています。そんな大股だったら、そりゃ体重が左に移らんだろうな~と打つ前から予言できます。(-_-)/~~~前足上がり、下がりととか言っている場合ではなく、平坦でもそれじゃ打てていませんから(笑)



次に多いのは、ボールに近づきすぎたり、背中が丸まっている人。ボールにクラブを当てたいから近づきたい気持ちはわかるのですが、そんな近寄っても余計にあたらないし・・・。と思うわけです。



まずは、再現性を高めるためのチェックポイントをメモしラウンド前に確認してください。私は、iphoneのメモ帳にチェックポイントを書いてラウンド前に気をつけるべきポイントとして確認しています。



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © ショートゲームの達人~ガッツポーズが出せるアプローチ&パター~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。