ゴルフのルーティンとは?パットのルーティンは片山晋呉に学べ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのルーティンとは?パットのルーティンは片山晋呉に学べ!

imr5ggage.jpg

ゴルフのルーティンとは

ゴルフにルーティンという用語がありますが、ご存知でしょうか?ショットに入る前までの『過程』のことで 繰り返えし行う 同じ動作のことを言います。



ボールの後方からの方向チェック、スタンスのチェック、ワッグルをするなどと人それぞれ打つまでの流れがあると思いますが、その一連の流れを型にはめてしまい、常に同じ動作をするようにします。



これをすることで、ただ単に一連の動作を 毎回 同じにすることで スムースにショットに入ることを目的にするだけでなく、その間のチェック・ポイントや思考パターンも同じにすることで、ネガティブな考えなどが入り込む余地を排除し、最高の集中力でショットに臨めるのです。


ですので、心の準備のプロセスとも言えるのです。



ほとんどのプロゴルファーがルーティンを取り入れ実行います。前のブログ記事でも書いたようにゴルフは再現性のスポーツ。どんな時でも自分にとっての最高のスイングがを再現しないといけないのです。



ルーティンは、ドライバー、アイアン、パターでそれぞれ違っても問題ありません。今回はパターのルーティンについて片山晋呉選手を参考に初心者におすすめの流れを紹介したいと思います。



片山晋呉のパッティングルーティン
55464664ge.jpg


通常、ラインを読んだ後、構えに入り、手で握ったパターのヘッドを横から見て打ち出す方向に合わせるルーティンだと思うのですが、片山選手が新しいルーティンを始めました。



片山選手は、カップ方向に正対した姿勢でパターを置いてから、体を左に90度回転させてアドレスに入る。このパッティングについて、海外ゴルフ情報サイトは一様に「奇妙なルーティン。プロゴルファーには珍しい」とコメントしています。



『どうしてゴルファーは(飛球線に対して)横から合わせて構えるのか?』と眼科の先生に言われたことが、きっかけで新しいルーティンを始めたようです。言われると確かにそうですね。目の錯覚があってもおかしくないですよね。



今までパットが入らなかったのは目の錯覚だったのかもしれませんね。(笑)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © ショートゲームの達人~ガッツポーズが出せるアプローチ&パター~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。