im4789age1.jpg


石川遼選手の弟、航(わたる)くん(1 6歳)が、RIZAP・KBCオーガスタ(8月25日開幕 、福岡・芥屋GC)の出場権を獲得していたことが分りました。



兄の遼選手が24歳ですから8歳差の高校生です。



航くんは、7歳の時からジュニアの競技に出場しています。ゴルフダイジェスト・ジャパンジュニアカップ小1~小3の部(静岡・東名CC)では、自己ベストの95をマークして31人中16位でした。




当時、7歳だったのですが試合後に「半分以内の順位が目標だったので悔しい。コースはすごくアップダウンが激しかった!」と大人のコメントしており、その当時から将来を期待されていました。




そんな航くんが、群馬・サンコー72CCで行われた「スプリン グジュニアゴルフ選手権」15~18歳男子の部で優勝して資格を得たそうです。実力で勝ち取っているところが素晴らしいですね。



浦和高校は、偏差値が70を超えるという埼玉県の有名進学校だそうです。浦和高2年の航君は、昨年の埼玉県ジュニアで9 位という好成績を残しました。



石川遼選手は「オレよりパターがうまい」と弟のパッティングを高く評価しています。



昨年11月のカシオ・ワールド・オープンでは兄 のキャディーを務めていました。プロの試合に出場するとなれば初めてで、それは本人も気合が入るでしょう。



兄の遼選手は腰を痛めて2月から米ツアーを離れ、日本で治療とトレーニン グを続けていますが遼選手の状態によっては兄弟でRIZAP・KBCオーガスタに出場という可能性もあります。



非常に楽しみですね。

★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加