jghjgjje14.jpg

イボミ選手が、パッティングで一番大切だと考えているのは『タッチ』いわゆる『距離感』です。練習グリーンで自分の感覚と打った時の実際のボールの転がりをすり合わせることが重要です。



練習すればするほど、感覚の経験が積み重ねて、うまくなっていくのです。すり合わせる中でのポイントは『きちんとパターの芯でヒットさせる』ことです。



タッチ、距離感、芯に当てると色々な事を言いましたが、イボミ選手は打つときは色々なことを考えないようにしているようです。頭を動かさないようにしようという思い(考え)以外は何も考えないそうです。打った後も頭を動かさないようにするためボールがあった場所を見続けています。



構えに関しては、足は肩幅。ボールの位置は目の真下よりちょっと前にしているそうです。グリップは、逆オーバーラインで程よい強さで握るようにしています。

imagbbbbbbbe14.jpg

逆オーバーラッピングとは、パター以外のゴルフクラブの握り方で一般的なのはオーバーラッピングと言って右手小指を左手の人差し指に乗せて握るのですが、逆オーバーラッピングは左手人差し指を右手小指の上に乗せるグリップです。



イボミ選手のパッティングの特徴としては、アドレスしたら2秒でテークバックするところです。早く打つ理由としては、ラインやストロークの感覚、イメージがなくならないうちにボールを打ちたいからです。


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
アクセスランキング
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加