gtyrimage1.jpg

100切りのコツは、まず数字を見てみる

ゴルフを始めた人で、いきなり100を切る人はいないと思います。どんなに球さばきにセンスがある人でも120前後になるのではないでしょうか?



よって初心者ゴルファーの当面の目標は『100切り』ということになると思います。100を切る方法については本やネットで調べれば色々なことが書かれているが、僕が初心者の方を見てきた中で思うことがあるのでブログに書きたいと思います。



まず、思うことは初心者の方は『100』という数字に対して『難しい』という意識を持ちすぎています。「100ぐらいなら楽に切れる」という考えを持たないといけません。初めから弱気でいては、いつまでたっても100切りはできません。



まず、数字でイメージを変えましょう。ゴルフは全部パーで回ることができれば72という数字が出ます。これは分りますよね。全部ボギーで回ったとしてら『72+18=90』で『90』になります。全部ボギーで90で回れるんですよ。



全部、ダブルボギーだったら『72+18+18=108』になります。全ボールダブルボギーだったら9打多くなり100切りは達成できないことが分ります。



ということはですよ・・・。ダブルボギーが9ホール、ボギーが9ホールで100切りは達成できるということです。パーを無理にとらなくても十分達成できると思ったら気持ち楽になりませんでしたか?



100切りは、夢ではなく現実的に手が届く数字なのです。



具体的にどのようにして100切りする?方法は?

ゴルフ場で打つショットは、ドライバー・ショットから フェアウェイウッド、ユーティリティ、ミドル・アイアン、ショート・アイアンのショット、さらには、バンカー・ショット、グリーン周りのよせ、パターなど多様でそれを打つクラブも多くあります。



その技を磨いて、スコアアップをするには時間がかかりますし、十分習得しない状態のままでプレーをすれば 大きなミスを何度もする可能性は高くなります。



OB になれば、2打罰、また、まともなスイングが出来ないような所にボールを打ったら OB 並みのペナルティになることもあります。そんな大きなペナルティが科されるミスが頻発すれば、当然、ダブルボギーどころではなく100は切れません。



100以上のスコアになる最大の原因は、複雑な思考と ショットの完成度の低さ、そして、ミスを頻発させる判断の甘さにあります。



危険なショットを避けるために有効な手段の一つのが、複雑なゴルフというゲームを単純化すること、そして、ゲームの組み立てをシンプルにすることにあります。



そのために、練習、そして、コースで使うショットの両方で 使うクラブを限定することを考えてみましょう。おすすめは1.パター、2.サンド・ウェッジ(SW)、3.ピッチングウェッジ(PW)、4.9番アイアン、5.7番アイアン、 6.ユーティリティorスプーン、7.ドライバー これらの7本があれば十分コースは回れます。



練習の時も、本番の時もクラブの本数を絞ることで重点的に練習ができますし、コースで無理をして長いクラブを持とうという意識(無理な攻めの意識)をなくすことができるようになります。



あとは徹底的に残り距離を『得意な距離にする(得意な距離を残す)』ことが大切です。



もし、あなたがPWで100ヤードを打つことに関して、高い確率でまっすぐ飛ぶのであればパー5、パー4に関してはグリーンを狙うのではなくピンから『100ヤード手前を狙って打つ』のです。下記の画像を見てください。ショットの完成度によってコースマネジメントを変える必要があるのです。



コースマネジメントというと上級者が考える『ゴルフコース攻略法』と思ってしまいがちですが、初心者にとっても重要なものなのです。


imagdddddddddde1.jpg

コースはパー4です。皆さんが考える普通の攻め方です。ドライバーで打って、2打目で5番アイアンやユーティリティなどで2オンを狙います。しかし、この考えは100を切った人だけがやっていい方法なのです。100を切る前は下記の方法で考えましょう。

wiueiwyrfrhjfage1.jpg

このような欲張らない考え方、攻め方をできるようになれば短期間で100を切ることができると思います。フェアーウェイの広いところに1打目を狙うのもポイントです。そもそも、4打で上がろうとせずに5打で十分と考えましょう。



ピンから100ヤード手前ぐらいをターゲットにして、そこに行きつくまでの距離を考えます。ティーグラウンドから100ヤード手前のターゲットまでの距離が約250ヤードであるのであれば、最初から9番アイアンで125ヤード+125ヤードで攻めてもいいですし、7番アイアン(150ヤード)+PW(100ヤード)で考えればいいのです。



ティーグラウンドからアイアンを使うことに抵抗があるのであれば、ショートウッドorユーティリティで160ヤード飛ばして残り60ヤードをSWで打つこともできるのです。(100切りをどうしても達成したいなら気にしないこと!!)



このように、自分が得意なクラブを多用することで大叩きする可能性を限りなく減らし目標の100切りに近づいていくのです。ゴルフは、ボールを遠くに飛ばすゲームではなく、コースマネジメントをして、いかにして少ない数でボールを穴に入れるかを楽しむスポーツなのです。
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加