20161112frr15110616066.jpg

松山英樹のドライバーはスリクソンでない!

松山英樹選手はプロ転向後もアマチュア時代からドライバーを変えていないということで有名でした。

2013tokenama.jpg


米ツアーでも「スリクソンZR30」という2008年発売のモデルを使っていて ゴルフ関係者の間でも「松山英樹はドライバーを変えない」ことで有名でした。


そんな松山選手が「WGC ブリヂストン招待 2016」の4日間、新作の「スリクソンZ565ドライバー」で挑んだことは注目されました。


そんな注目された『スリクソンZ565ドライバー』は、松山英樹選手の飛距離をさらに伸ばしたとさらに話題になり、他のプロ選手も使用するようになりました。

oewjoiru9845mage.jpg


もちろん一般ゴルファーの松山ファンも『Z565ドライバー』を購入しました。


ところが、ビックリ!その後の試合では『Z565ドライバー』を使用していないことが発覚したのです。松山選手が使用しているからとドライバーだから購入したというファンはガッカリですね。

imagyghfye.jpg


そして、『Z565ドライバー』の代わりに松山英樹選手の相棒になったドライバーはキャロウェイのドライバー『グレート ビッグバーサ』です。(その前に『Z765』も使用)


松山選手は、スリクソンと契約しているので「契約違反か?」と思ったりしますが、おそらくスリクソン納得の上で他社製品を使わしてもらっているのではないでしょうか?(メーカーも世界の松山相手では強気にではでれないでしょう)


それにしてもスリクソンにしてみれば業績に大きな影響を受けそうで残念な結果です。


キャロウェイのドライバー『グレート ビッグバーサ』とは

グレート ビッグバーサは上級者だけでなく一般ゴルファでも使えるドライバーです。
126167_294294.jpg


少々芯を外しても手応えが変わらないのが好印象で、自分が上達したかのような感覚が味わえます。


油断すると大きなスライスが出てしまうでオーソドックスなヘッド形状を好む人に向いているのが『グレート ビッグバーサ』というクラブです。


弾道調整機能もついていますのでゴルフに対して研究熱心な人にも向いているかもしれません。


三井住友VISA太平洋マスターズ(2016年11月)でも『グレート ビッグバーサ』を使用して優勝したようですね。


この『グレート ビッグバーサ』は発売後、一年足らずですでに廃盤になっており、現在は安価になった値下げ品か中古品でのみ購入が可能です。


『グレート ビッグバーサ』が気になる方は、全国展開している中古ゴルフクラブショップ『ゴルフパートーナー』公式販売サイトで探してみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加