20160917-00062282-roupeiro-001-7-view.jpg

2016年8月に発表されたナイキのゴルフ用品事業撤退は、世界的にプレーヤー人口が縮小しているゴルフ市場を象徴するニュースとなりました。


ナイキは、ゴルフウェアなどは続けていく方針ですが大手のゴルフショップである『GOLF5』ではナイキゴルフの商品は販売しないようです。


ますます売れなくなりそうですね。


厳しいゴルフ業界の中で、生き残りをかける会社は事業の「選択と集中」を行いながら活動していくしかありません。


そんな中、話題になるのが、ナイキがゴルフクラブを作らなくなった後のタイガーウッズのクラブ契約先です。



当然、ナイキ契約の選手たちは早々に他のメーカーのクラブへ持ち替えていきましたが、昨秋から2度に渡る腰の手術を受けて戦線離脱していたウッズに関しては、今後、どこのクラブ、どこのボールを使用するかは分らない状況です。


ただ、色々な情報から判断すると、今のところは「タイガーウッズはテーラーメイドのクラブを使う。(クラブ契約する)」が最有力説のようです。


有力説の理由の一つは、同じナイキ契約の選手でCMにも一緒に出演した仲であるローリー・マキロイが、ドライバーのほか、3Wと5Wも、テーラーメイド社のM2シリーズを実戦投入しているからです。


1530xxxx22_360240.jpg

もともとマキロイは、スコッティ・キャメロンのパター以外はナイキ社のクラブを握っていましたが、ここへ来てテーラーメイドを使用しているようです。

マキロイは、テーラーメイドのクラブについて「ドバイでたくさんのクラブをテストしてきたが、気に入った」とコメントしているようです。


ボールとの相性もあるので最終確定ではないようですが、高確率で決定のようです。マキロイが認め、使用しているということは、タイガーもテーラーメイドを使う可能性は大きいです。


ifffmage3.jpg

有力説となる、もう一つの理由はタイガー・ウッズ自身がテーラーメイドを買収しようとしているという話があるからです。


ご存知の方も多いと思いますが、テーラーメイドはドイツのスポーツ用品大手アディダスのゴルフ事業部門です。


大手有名ブランドで経営も問題なさそうに見えるのですが、ナイキ同様、将来性ががない事業とみなされ、シューズとウエア部門以外のゴルフ事業は売却先を探している状態です。


そして、その売却先がタイガーウッズになりそうだという話があるのです。お金はあるでしょうし、タイガーが使うクラブとなったらビジネス的にも成功する確率が高そうです。


色々ありましたが、タイガーウッズはゴルフ界のスターですからね。テーラーメイド版のTWシリーズが出たりすれば気になります。


この話題は、ゴルフビジネス関連の分野のジャーナリストが


「タイガー・ウッズがテーラーメイドを買い取るためにアディダスとシリアスな交渉を続けている」


「タイガー・ウッズは2017年にテーラーメイドのクラブを使うだけではなく、会社そのものを買い取る交渉をしている」


と、SNS上で発信しています。


以上の情報から、タイガーウッズのクラブ契約はテーラーメイドで間違いなさそうです。(パターは今まで通りスコッティ・キャメロン)
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加