imaget543.jpg
前の記事にも書いたようにローリー・マキロイといえば、タイガー・ウッズと並び、ナイキゴルフを代表する選手ですね。


昨シーズン、パッティングが不調によりナイキ『メソッド オリジン B2-01』パターからスコッティ・キャメロン『コンセプト M1 プロトタイプ』パターに替え、結果を出しました。


最終的にはナイキはゴルフ事業から撤退しゴルフクラブはなくなりますので、ある意味良いタイミングでスコッティ・キャメロンにチェンジできたのではないでしょうか?


ウッド系は、以前までのナイキ『ヴァイパー フライ プロ(ロフト9.5度)』ドライバーと『ヴァイパー スピード(3番:ロフト15度、5番:同19度)』FWを使用していました。

article_500x748_5094_1477538141.jpg

しかし、2016-2017シーズン開幕戦となるWGC-HSBCチャンピオンズからテーラーメイド『M2(ロフト9.5度)』ドライバーと『M2』FWに変更しました。


マキロイはクラブセッティング変更に伴い、ドライバーとFWのシャフトを三菱レイヨン『クロカゲ プロトタイプ』に替えました。


昨シーズンまでのマキロイのシャフトは、ドライバーが三菱レイヨン『ディアマナ S+ 70 フレックスXTS』で、FWはフジクラ『ロンバックス プロ95 フレックスX』でした。

ededed.jpg


この二人がテーラーメイドを使うことで売上アップすればアディダスも売却したことを後悔するかもしれませんね。
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加