imge4.jpg

パターでの寄せというと、ボールがグリーンのカラーにあるときに使用するというゴルファーが多いはずです。




カラーはグリーンの一部のようなものだから、おそらくプロでもパターを選択するはずですが、では、次のような場面では、皆さんどうしますか?




ボールは、ピンから10メートル、グリーンから2メートルのところにある。で、ここからパターで寄せたときと、チップショットで寄せた場合とでは、どちらのほうが寄ると思いますか?





グリーンまで2ートルというところが微妙ですね。パターでいく場合は、当然、芝の抵抗を考えなければならず、パターかチップショットでいくかは、ちょっと迷うところです。




チップショットなら、ウェッジか9番アイアンでグリーンエッジから1~2ヤードの地点にボールを落とし、そこから7~8メートルほどのランを計算するということになるでしょう。



上級者であればさほどむずかしいショツトとは思えないですが90台レベルだと微妙ですね。




どちらがよりやすいかの実験結果は次のようなものでした。




結果として、どんな腕前のゴルファーでも、チップショットよりパターのほうが寄ってしまいます。2メートルくらいの芝は、パッティングにはさほど影響しないということなのでしょう。




ゴルフは上がってなんぼの世界。多少の芝なら積極的にパターを使用しましょう!!



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加