imge4.jpg
みなさん、こんにちは!パターでの肘の構えについて質問が多いようですので解説したいと思います。




パターをする際の構えには、肘を真っ直ぐに伸ばす三角形タイプと肘を曲げて開く五角形タイプがあります。




三角形タイプは、パターを握ったグリップを三角形の頂点として手首から肘を通って肩までのラインが一直線になるように構えます。




肘が伸びていますので、脇も開きません。





この際、スイングの支点となるのは手首ですので、肘は体に軽く触れて伸ばしたままという状態を保ってください。




一方の五角形タイプは、両肩を結んだ線を底辺とし、肩から肘までのラインと肘から手首までのラインで五角形を形成するような構え方になります。




したがって肘は基本的に開いていて、脇も開けることになります。




その形を崩さないまま、肩でボールを押し出すようなイメージでスイングします。




いずれの構えでも、いったん構えた肘の形(一直線もしくは開いている状態)はスイング中に変わらないようにすることが大事です。




パターというのはボールを真っ直ぐに打ち出すことが最も重要なので、その為に肘の安定感が必要になると考えてください。




森本光洋ゴルフ「パット名人養成講座」



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加