imge4.jpg
どうも!ブロゴルファー猿です!アプローチでも体重移動&回転はしないといけません。ザックリの原因になります。





基本的な打ち方は、フルショットのときと同じように、ボールは両足の真ん中でハンドファーストに構えます。





スタンスの向きは、身体が回りやすいようややオープン気味の方がイメージがわき易いです。両肩とラインと腰の向きは、スクエアです。



フルショットと違うのは、



①スタンスの幅が少し狭くなる



②トップの位置が少し低くなる(意識としては腕が水平になったところ)




です。あとは、体重移動も上体のひねりも、フルショットのときと同じように行います。つまり、身体の回転(体重移動)で打つということです。




身体の回転で打つというのは、距離が30ヤードでも10ヤードでも同じです。距離が短くなればなるほど、スタンスの幅は狭くなり、トップの位置も低くなり、さらに体重移動の度合も少なくなります。




●SWを使ったフルショット

※クラブはハンドファーストにボールは身体に近い位置にセットし、両足の真ん中に置く

※しっかり腰の位置(高さ)を固定して、体を回して打つ感覚



●SWを使ったハーフショット

※ハーフショットの方がスタンス幅が少し狭いため、ややオープンに構え、膝が少し曲がる

※トップの位置を少し低く、腕が水平になるくらいの意識で

※ハーフショットもフルショットも身体の回転で打つ意識が大切




おすすめの教材★ゴルフアプローチ上達革命



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加