アプローチの距離感を身につけるためには、もちろん練習が必要ですが練習の方法については、ふたつの考え方があります。




ひとつは、30ヤードなら30ヤードの距離を徹底的に練習して、自分の身体のなかにひとつの"基準"をつくってしまうという方法。




もうひとつは、一球一球、ターゲットを変えて、30ヤード、60ヤード、90ヤードのように、距離を打ち分ける練習をするというものです。



どちらも一理あります。




imge4.jpg
前者は、自分の身体のなかに50ヤードなら50ヤードという"基準"があると、安心材料になるということがひとつです。



「30ヤードなら、絶対に1ピン以内に寄せられるのだ」と思えるほど練習を積めば、それだけで実戦のラウンドでは大きな武器になります。



こうした自信があれば、結果はともかく、スイングに迷いや不安が生じなくなるからです。迷いや不安があるとほぼ100%、ミスをします。



また、30ヤードの"基準"がしっかりあれば、「60ヤードなら、その倍でこれくらい」「90ヤードなら、その3倍でこれくらい」・・・応用が効きやすいということもあります。



自信のある30ヤードに、少しだけ加減を加えればいいというわけです。 一方、後者の練習法がいいのは、きわめて実戦的だということです。



実際のラウンドでアプローチショットをするときというのは、毎回、距離が違います。



歩測しても、パッと見た感じでもいいが、たとえばキャリーで45ヤード打つと決めたら、試技なしでその距離を打たなければなりません。



練習で一球一球、違う距離を打ち分けていると、「50ヤード打つ」と決めたときに、反射的に「こんな感じだろう」というスイングの

イメージが出てきます。





この「こんな感じ」というイメージは、距離だけでなく、ボールの高さやスピンのかけ具合など、打ちたいボールの球筋やスピードによっても変わってくるが、とにかくここでは自分なりのイメージが出てくるということが重要です。





そして、そのイメージは、練習やラウンドでさまざまなアプローチを試してきたという積み重ねがあって初めて生まれるのです。





結局、どちらの練習法がいいのか迷うところではありますが、結論からいいますと、もしあなたがスコアが100前後であるならば間違いなく『基準』をつくる練習です。




30ヤードを打ちまくってください。それが完璧になるまでは打ち分けの練習をする必要はないのです。



ゴルフアプローチ上達革命



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加