imge4.jpg

 パターは、ヘッドの形状によっていくつかの種類に分けられます。
自分がパターを使う際に、何にこだわりどういうストロークをするかによって使うべきパターの種類を決めてみてはいかがでしょうか。



 まず、最近目立ってきているのが大型ヘッドのパターです。
文字通り、ヘッドが大きいのでボールを打つ際のスイートスポットが広くなり、多少のミスヒットをカバー出来ます。
その反面、大型化によって繊細なストロークが難しくなりがちというデメリットもあります。



 パターの構えがしやすく操作性も良いとされているのがピン型と言われるパターです。
ヘッドが面長である為に、ボールに当てやすいことに加えて、安定したストロークをすることが出来ます。
ただし、ヘッドが面長な分、重心距離が長くなる為にストローク中のブレが生じやすいという欠点もあるようです。



 初心者には難しいとされているのがL字型のパター。
パターの名手と言われているプロの多くは、このパターを好んで使用しています。
打面が広いのでストローク中にパターのフェイスを感じることが出来ますが、逆にストローク中に打面の向きがブレることも多いようです。



 通称「かまぼこ型」と言われるマレット型は、重心の位置が打面後方にあるのでパター自体が安定しやすいという特徴があります。これによって直線的なストロークのイメージを持ちやすくなるので、肩でストロークをするような場合には適しているようです。
しかし、それ以外のストロークをする方には逆に不向きとも言えます。




おすすめのゴルフ教材★森本光洋ゴルフ「パット名人養成講座」




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加