ボールアップ



ゴルフにおいては、スコアの良し悪しを大きく左右するのがパターだと思います。




グリーン上でのパッティングの回数が減らせれば、スコアはグンとアップするはず。




そこで、パターの効果的な練習方法をご紹介しましょう。




パットでまず大事なのは距離感です。




ゴルフでは、パットに限らずボールを「打つ」という行為に気持ちが集中しがちで、距離感については疎かになりがちなのです。




そこでパットの練習をする際に、あえてボールを見ずにカップを見ながら打ってみてください。





この練習は実際のグリーン上でなくとも、自宅で行うことも可能です。




パット用の練習マットはもちろんですが、仮にそれが無くても、リビングのじゅうたんなどをグリーンに見立て、部屋の壁などを目標(カップ)として練習することが出来ます。




次にストロークの練習についてですが、あえてバックストロークをしないでボールを打つという練習をしてみてください。




つまり、構えたら後ろにスイングすることなく、そのままボールが真っ直ぐ転がるように打ち出すのです。




もし、打面がボールに正しく正面から当たらないとボールは真っ直ぐには転がりません。





この練習によってパターのフェイス面の向きがブレない感覚を養えると思います。



おすすめのゴルフ教材★森本光洋ゴルフ「パット名人養成講座」




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加