ボールアップ

 パターを選ぶ際には、まずパターにはどういう種類があるのかを知る必要があります。



ヘッドの形や大きさ、シャフトがヘッドに装着されている位置、シャフトの長さと強さ、グリップの種類など、パターには実に様々なものがあります。
それらの特性を理解した上で自分のパッティングの傾向と照らし合わせていくことが、最良のパター選びだと思います。




 例えばヘッドの種類ですが、大きく分けて大型、ピン型、L字型、マレット型の4つがあります。
自分のストロークがインサイドに偏りがちな方はL字型やマレット型が、ストローク自体がやや不安定だと感じている方は大型ヘッドのパターが合います。
また、パットの際に自分のフィーリング(感覚)を頼りに打ちたいと思っている方は、ピン型ヘッドをおススメします。




 パターのシャフトの最近の傾向は「細くて柔らかい」というもののようです。
これは、グリーンの高速化に対応するためだと思われますが、その柔らかさが合わないと感じる方は、ヘッドが重いパターを選ぶと良いでしょう。




 ちなみに、パターのシャフトの長さはたいてい33~35インチです。
もちろん、シャフトの長さが長い方が重たくなり、どっしりとしたストロークが可能になり軽いと手の感覚の影響が強くなります。




 「身長が高いからシャフトも長く」という考え方は正しくないと思います。人それぞれ手の長さ、前傾の角度が違うからです。
一度持ってみて、自分の構えにしっくりとマッチしているかどうかを確かめることが必要だと思います。




 練習マットで時間をかけて打ち比べ、フィーリングやカップインの確率などを確かめて購入しましょう。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加