ボールアップ




パターのグリップ部分には、実は様々な素材が使われています。



そして、その素材によってグリップ自体の硬さにも差があり、それぞれに特徴があるのです。



例えばラバーで出来たグリップはソフトな感触で、手に余分な力を必要とせずに握ることが出来ます。



手の皮が軟らかい人や女性、そして初心者の方には、すんなりと手に馴染むこのタイプが合うようです。



一方パターの太さについてですが、これについては大きく分けて「太い」か「細い」かの2種類になります。



パターは、打てば真っ直ぐにボールが転がると思われがちですが、手や腕を真っ直ぐに動かすこと自体がそう簡単なことではありません。



したがってパットも、フックやスライスしてしまうのです。



太いパターは、ある程度手の動きを制御することが出来ます。



パットの際に手をこねてしまうなどの余計な動きをしてしまい球筋がフック気味になっている方は、この太いパターを試してみてください。



逆に、パッティングを意識し過ぎて動きが硬くなってしまう方には細いグリップが良いようです。細いグリップは、手の動きの自由度を上げてくれるので、過敏になり過ぎずに済むと思います。




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加