20150821image.jpg
スタンスでは、『つま先下がり』と『つま先上り』では『つま先下がり』の方が難しいと言われています。




つま先下がりでは、クラブのフェイスが開きやすいため、スライス(右に出る)が出やすいのです。





しかし、つま先下がりでも傾斜や傾斜による自然な球筋には逆らわないことです。





つまり、この場合は、目標の左を向いて、ボールを打つことでカップに寄せていきましょう。





つま先下がりの場合は、回転しにくいため、構え方が重要になります。まず、クラブは短めに握りましょう。




ボールと身体(目)の距離が遠くなるので、いつもより膝を深く曲げて、お尻を後ろに突き出すような姿勢を取ります。



スタンスの向きはややオープン。スタンス幅は、身体が回りやすいよう狭めに。体重はつま先よりに乗せ、できるだけ平らのライのときのイメージに近づけましょう。




また、グリップと体の間隔が空きすぎると、ヘッドのトウ側か下がるため、ボールがますます右に出やすくなります。



膝を曲げて、ハンドダウン(手の位置を低く)気味に構えれば、フェイスの向きにも狂いがなくなります。




以上の構えができたら、あとはスタンスの向きに沿ってクラブを振るだけです。





オープンスタンスに構えているから、スイング軌道のイメージとしては、アウトサイドンのカット打ちでいいでしょう。





反対にインサイドからクラブを下ろしてくると、ボールの手前をダフつたり、フェイスが開きすぎて、シャンクすることもあります。







つま先上がりのライでは、つま先体重になるため、ダウンスイングのときに上体が前に突っ込むなど、どうしてもバランスを崩しやすいです。





スイング中は重心と軸をキープするよう我慢のことです。





下半身はどっしりと。普段のトレーニングはこういうところで活かされてくるのです。




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加