0128tiger.jpg

 パターの握り方にはいくつか種類がありますが、中でも最も多いと思われるのが「逆オーバーラッピング」と言われるグリップです。



あのタイガーウッズ選手の握り方もこのグリップなのです。



そこでここでは、世界的プレイヤーである彼のグリップを上手く真似られるように解説していくことにしましょう。




パターだけでなく、ドライバーやアイアンにおいてもグリップの基本は右手を下の位置に置くことです。



ただし、ドライバーやアイアンでは右手の小指を左人差し指に乗せるようにする(オーバーラッピンググリップ)のに対して、パターでの逆オーバーラッピンググリップでは左手の人差し指を右手の中指から小指のあたりに乗せるようにします。



パターを使う際には、力を入れ過ぎないことが大切になってきます。



したがって、この逆オーバーラッピンググリップにおいては、出来るだけ手首を使わないようにしてください。肩でストロークをするようなイメージを持つと良いでしょう。



タイガーウッズ 練習法






ちなみにこの逆オーバーラッピングの握り方は特殊な握り方ではなく藤田光里選手イボミ選手など多くのトッププロも実践しているグリップです。



藤田光里選手

guripu20150824.jpg



イボミ選手
ibomi0824.jpg



プロでも全く同じ握り方の人はいません。自分で自分の最高の握り方を探しましょう!!


明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加