PGOG-138654.jpg

 一般的なパターのグリップは、握った時の手元が太く、先端に向かうほど細くなっていきます。
この為、パターを打つ時にはどうしても右手に頼りがちになる傾向がありました。



 これに対して極太のグリップは、いわゆるパラレルになっていて、右手も左手も同じ太さの部分を握ることが出来ます。
このグリップは、最近になって多くのプロゴルファーが使うようになったことで一般的にも人気が高くなっているようです。



 パラレルになっていることで左右の手が同じような握りになるので、右手の動きを抑えるという効果が得られます。
つまり、パッティングの際の手首の余計な動きをセーブすることが可能になり、安定したスイングをしやすくなるのです。



 ただし、グリップが太くなることでグリップそのものの重さが増し、パター全体のバランスを崩してしまうという危険もあります。
現在、極太グリップを販売しているメーカーにはFATSO、FLIT、LAMKINなどがありますが、いずれのメーカーも極太でありながら軽量化を図っているようです。
これによって、無駄な重量増加をさせずに安定したパッティングをしやすくなることでしょう。



ということで違和感を感じなければデメリットはキャディバックで少しかさばるぐらいですね。


 ちなみに私はスーパーストロークを使用しています。おすすめです。



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加