009.jpg
パターの練習は、ゴルフ場でするのが最も効果的ではありますが、近くに気軽に行けるようなゴルフ場が無い、お金がかかるといった問題があり、思うように出来ないこともありますよね。



そこで役に立つのが、自宅での練習用器具です。




ここでは、各メーカーから発売されている人気の練習器具を紹介していきます。





まずはカップの位置を簡単に変更できるロータリー式を採用したタバタ社製「FujitaマットU-2.3」です。




カップまでのマットの傾斜が「緩やかな1.5度」と「きつい3度」の2種類に設定可能な上に、マット自体がフォーミングマット仕様になっているのでボールがスムーズに転がります。




フックやスライスといった軌道修正にはもってこいの器具だと思います。




一方、打つ方向によってボールのスピードが変わるのがミスターゴルフ製「高級パターマット・ホールインワン」です。




こちらはマットが平面式なのでカップはありませんが、付属の鈴を目標に設定することが出来ます。マット上に距離の表示があるので、自身の距離感覚を養うことが出来るはずです。




この他、マットが無くカップのみの器具ながらカップに3種類の傾斜が設定されている「上手くなるカップ3WAY」や、レールの上にボールを転がすというシンプルな構造の「ザ・レール」などがあります。






いずれも、それぞれの目的や修正箇所に特化した練習器具と言えるでしょう。



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加