2016091400.jpg
自宅で気軽にパターの練習をするアイテムとしてポピュラーなのが練習用のマットでしょう。




では、その練習マットをどのように使えば効率よく自身のスキルアップに繋げられるのでしょうか。




まず陥りがちなのが、練習マットにあるカップを単純に狙うことだけに専念してしまうことです。みなさん、そうなっていませんか?




ただ漫然とカップを狙うのではなく、自分のスイングやストロークが毎回安定して出せるように心掛けながらボールを打つようにします。(私の場合、自分だけのボールの置き場所、スイング軌道があり、ひたすら打ちやすいポイントを探しながら打ちます。)






こうしていくと、自分自身の基準となるスイングの形を体に覚えさせることが出来ますし、それが実際にコースに出た時に大きな効果を生み出すのです。



パッティングも仕事と同じでPDCAサイクルを回しながらレベルアップしないといけないのです。私がセオリー通りボールの位置を目の下から現在の位置に変更しなかったら、打っていて気持ちいいポイント一生は分からなかったと思います。





また、パターの距離感の養成も練習マットを使って出来ます。




毎回同じ強さで同じ振り幅でスイングをしても、意外とボールの動きにはバラつきがあります。これは手首などの微妙なブレが影響してパターのシンを外したりしている為なのですが、それを出来るだけ減らすように繰り返して練習してください。




さらに、あえて練習マットの中間あたりからボールを打ち出すなど、カップまでの距離を変えてみるのも効率の良い練習になると思いますので、ぜひ試してみてください。




私の場合は、あえてカップのふちを狙いボールをカップ一周回して遊んだりしています。(笑)




P.S.パターマットで練習する際、ボールの位置、スイング軌道の他に『手首の角度』や『ヘッドスピード』も一定になるように気をつけています。


201609140.jpg


手首の角度は重要です。私はパターだけ左で打つので真正面から見た時の左手の角度を維持したまま振る(フォローまで)ようにしています。かなり長ーくフォロースルーが自然と出るようになりました!




★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加