imge4.jpg
グリーン上でパターをする際に重要なのが「ラインを読む」ということです。自分が打ったボールがどのように転がっていくのかは、グリーンの状態と自身のパットで決まります。




そこで、ここではラインの読み方について解説しましょう。




たいていのグリーンは奥から手前に向けて傾斜しています。さらに左右のどちらかが低くなっていたりしますので、ボールを打った際の軌跡をボール側とカップ側から考えておく必要があります。




一般的にグリーンの低いところからラインを読むと分かりやすいと言われています。




グリーンの傾斜や曲りに対して、ボールを打った時の強さがどう作用するのか、つまりどのような軌跡を描くのかをイメージするようにしましょう。基本的に上りのパットは曲がりにくく、下りのパットは曲がりやすいです。(傾斜の影響を受けやすい)



そのイメージが出来たら、次にホールを打つ際の目標(ターゲット)をイメージします。




グリーンが単純な平面であるなら、ターゲットはもちろんカップになりますが、たいていのグリーンは傾斜や曲りがあります。
この時に、そのグリーンが平坦だと仮定した際に真っ直ぐ打つとどこをターゲットにすべきかを自分の中に設定してみましょう。




大事なのは、グリーンが傾斜していても平面であっても、自分が感じた距離感通りに打つことに集中することです。こうすることでパットの精度を上げることが出来るはずです。




★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加