20150924.jpg

砲台グリーンとは、砲台のようにグリーンがフェアウエーより一段高く盛り上がるように造られたグリーンのことをいいます。




砲台グリーンへのアプローチを経験された方は分かると思うのですが、ピンの根元(ホール)が見えないため、かなり難易度の高いアプローチとなります。



一番、気をつけなければならない最大ポイントは距離感です。




残り距離とピンの位置をしっかりと把握して、どの位の振り幅で打てば良いのかを意識してショットに入りましょう。




また、ボールの弾道に高さを出すのも大切なポイントです。いつも通りの弾道の高さのショットだと、思った以上にボールが転がってしまい、ピンを越えてしまう可能性があります。






高い位置にあるターゲットを狙うために、クラブフェイスを開いて高い球で攻めるのが理想と言われています。ただし、開くというは『高さ』を出す代わりに『飛距離』を失います。20%ぐらい多めの残りの距離を想定して打った方が良いです。





フェイスを開くなどのテクニックを使えない方はロブウエッジ(LW)をクラブセッティングの中に入れることをおすすめします。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加