20150930image.jpg
ゴルフでパッティングした後、すぐにカップを見ていませんか??パットのミスの原因でもっとも多いのは『ヘッドアップ』です。




特にショートパットは、カップが視野に入ってくるため、つい結果を気にして、頭だけでなく、上半身まで起き上かってしまいます。





ショートパットこそ、身体を動かさず、しっかり打つべきなのですが、そう言い聞かせたところで、そのとおりに身体が動いてくれないのが人間というものです。





だって・・・入るかどうか気にありますよね(笑)




とくに、カップが近いと視野のなかに穴が見えるので結果が気にならないほうがおかしいと思います。





では、どうすればいいのか?





答えは、カップとは別のものに意識を集中することです。たとえば、ボールに印刷されているブランドネームや自分でボールに書いたターゲットラインですです。




ボールをセットするとき、ブランドネーム(ターゲットライン)がボールをヒットするポイントにくるようにするのです。こうして、アドレスでフェイスをセットしたら、あとはこのブランドネームターゲットラインにパターの芯を当てることだけに意識を集中させればいいのです。




ボールを打つ瞬間に頭や上半身が動いてしまう人は、パットの距離にかかわらず、つねにボールの一点をジーットと見つめてストロークする習慣をつけるといいでしょう。




クラブヘッドがボールに当たってフォローが出た後に、初めて頭が動くのが理想ですね。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加