katayama_0031578.jpg
男子ゴルフのトップ杯東海クラシックで片山晋呉選手が1イーグル、7バーディー、2ボギーの65をマークして首位発進しました。




7番パー5では残り110ヤードの第3打を直接入れてチップインイーグル。絶好調の秘密は、夏場に日本に3台しかないという「Xボディー」という機器で体幹トレーニングを積んだことが自信になっているそうです。




X BODYは、トレーニングの目的にあわせ、体の各部位に最適な筋肉刺激を与えることができるそうで片山選手は、筋肉増強が必要な下肢、筋肉増強ではなく意識できていない筋肉の活性化が必要な上肢および、ゴルフスィングの基礎となる体幹を同時に鍛えているとのことです。

20151002image.jpg


X BODYトレーニングおそらくピリピリとした電気が流れてくるのでしょう。片山選手も「確実に飛距離アップに繋がる」「体が安定しているし、1つ1つのショットがぜんぜん違ってきた」と高い評価をしているそうです。



『X BODY』の公式ホームページによると、海外から導入された最先端のトレーニング用具で(きつくて20分ぐらいしか出来ないが)主に腰回りのインナーマッスルを鍛えることができるそうです。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加