s

ランニングアプローチで使用するクラブはピッチングウェッジもしくはアプローチウエッジです。最初から打ち出しを低くして転がすため、ロフトの立ったクラブを使用することをおすすめします。



普段からある程度転がす感覚を身につけていないと、なかなか距離感がつかめないと思いますが、打ち方としてはシンプルで覚えておくべき基本の打ち方です



打ち出しから低く打ちたいので、ボール位置は両足の真ん中よりも右足寄りにセットします。ピッチショットやピッチ&ランと同じく右に置きすぎるとヘッドが地面に刺さりやすく、左に置くとボールが上がりすぎて転がしにはなりません。



ピッチングウェッジのロフトを少しだけ立てて構えるイメージで十分。あとはパッティングに近いストロークをするだけです。




ランニングアプローチの打ち方で覚えておいて欲しいのが、インパクト重視ということです。低く打ち出したいということもありますが、極端に打って終わりのイメージで振るくらいで大丈夫です。




手首の角度をアドレス時の形から変えずに、ボールにヘッドをぶつける感じで振ります。手首の動きが入るとどうしてもインパクトポイントはズレるので、できるだけ形(角度)をキープするように心がけてください。




体重(重心)は左7割、右2割の割合です。右側に置くと不意に球が上がったりミスショットを招いたりします。





おすすめの教材★ゴルフアプローチ上達革命



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加