imge4.jpg
アプローチでもっとも重要な「イメージの出し方」です。ザックリ、トップなど想像してはいけません。




クラブとボールの落とし場所を決めたら、たいていのゴルファーはそこで何回か素振りをします。




それはもちろん大切なことなのですが、このとき、ボールを”ガン”見(しっかりと見ながら)しながら素振りをするゴルファーが多いと思うのですがいかがですか??



おそらく「ざっくりしない」「ヘッドアップしない」「ボールを見て、しっかり打つ」ということを自分に言い聞かせながら、素振りをしているのでしょう。




しかし、ボールを見ながらの素振りでは、じつは『距離感』や『ライン』がでないのです。



プロゴルファーの素振りを観察すればわかるように、アプローチの素振りは、ボールの落とし場所を見ながらしないと、距離感が出ないのです。




「あそこに打とう」「あそこにボールを運ぼう」と思えば、その目標地点をじっと見るのが当然です。そうしないことには、目標までの距離感やボールの球筋がイメージできないからです。



ところが、ゴルファーのなかには、目標よりボールはかり見ている人が多いです。これでは「ボールに当てる」ことばかりに意識がいってしまい、「ボールを目標に運ぶ」ことなどできなくなるのです。



同じことは、インパクト後にもいえます。「ヘッドアップしない」ことをゴルフの鉄則だと思っているゴルファーは、アプローチショットでボールを打ったあとも、しばらく頭を下に向けたままでいることが多いが、これは二重の意味で間違っています。




ひとつは、頭を下に向けたままでは身体がうまく回転せず、手打になりやすくなってしまいます。




アプローチショットのインパクトを終えたら、身体の回転とともに自然に頭を上げてボールの行方を見ましょう。そして、自分が思い描いたイメージどおりのボールが打てたかどうかを確認するのです。



当然ながら、最初のうちは素振りのイメージと実際のショットには、距離やボールの高さなどかなりの誤差があるでしょう。



しかし、誤差をしっかり確認しておけば、それは次のショットにかならず役立ちます。



そうやって、イメージと実際を行きつ戻りつしながら、しだいに誤差をゼロにしていき。アプローチがうまくなるには、結局、それしか方法がないのです。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加