im4455555age.jpg
ゴルフのアプローチで50ヤードを世界一簡単に打つ方法(コツ)をご紹介したいと思います。(^^ゞ



結論から言います。クラブ(ウェッジ)によって飛距離を打ち分けることです。30~70ヤードという距離は中途半端で、結構、この残り距離のあたりからスコアを崩す初心者が多いです。



対策として、まずウェッジは3本体制にするのがベストです。52°56°60°がベストだと思います。



なぜ3本体制にするかといいますと、一番難しいスリークオーター(4分の3) を打たないようにするためです。フルショットとハーフショット(2分の1)だけ打てばいいという状況をクラブで作ってしまうのです。



フルショットとハーフショット(ベルトからベルト)なら初心者の人でも自信を持って打てるのではないでしょうか?フルショットとハーフショットの間ぐらいで調整して打つのが難しいと思うのです。



加減ができず常にフルショットしか打てない人も安心してください。ヘッドスピード40ぐらいの人が60°で思いっきり打っても50ヤード以上飛びません。(かなり高く上がりますが)



ウェッジ60°でフルショット50ヤード。ハーフショットで25ヤード。



ウェッジ56°でフルショットを打つと70ヤード。ハーフショットで35ヤード。



ウェッジ52°でフルショットを打つと90ヤード。ハーフショットで45ヤード。



人により若干、距離に違いますが、このように100ヤード以内を細かく打ち分けることが可能になります。参考にしてください。



当然ですが、中級者以上の人は練習して体(スイング)で打ち分けれるように頑張っていきましょう。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加