16362355.jpg
ゴルフは、メンタルスポーツと言われるほど精神状態がプレーに大きく影響します。



そのため、プロのゴルフプレイヤーでも精神的なトレーニング、いわゆるメンタルトレーニングを行っています。



例えば、片山晋呉選手は、プレーでピンチに陥った時には、あえて、強気な自分を演じて、その場の雰囲気に負けないようにしていると言っています。



精神的な要因が重なってしまうことで、大きくスコアを乱すこともあります。



ゴルフをしている最中、


・スライスをするのではないのか?
・池に入ったら、バンカーに入ったらどうしよう?
・またカップを外すのではないか?



などの恐怖が、何度となく襲ってくるでしょう。



つまりは、様々な恐怖感をどのように整理して、そして、自分のプレーに集中できるかどうかが、必要なスポーツです。



なので、もし、運悪くミスをしてしまったり、ピンチになってしまったら、「自分はツイている」「神様からレベルが上がったか?試されている」と言い聞かせましょう。そして、ピンチをチャンスにしてやると、無理やりでいいので心がけましょう。(気負い過ぎてはダメですよ(笑)メンタルは、切り替えが重要です。)



そのような場面で、何度も強気に挑めるように癖をつけておけば、ピンチに強くなることができます。



そして、いつでも安定した実力を発揮できるようになりますよ。



また、悪い流れから抜け出せるようにもしておきましょう。何度もミスショットが続くと、どうしてもそのことばかり考えてラウンドしてしまいます。いやになって帰りたくなります・・・。



さらには、ライバルが良いプレーを連発していれば、気になってしまうかもしれません。



そんな時には、自分のコントロールできることのみに集中してみましょう。あれもこれも、と考えてプレーをしていても、注意力が欠けて、余計なミスを量産してしまいますのでできることだけに集中することが一番求められます。




逆にここから調子戻したら俺ってすごくない?という考えを自分に持ちましょう!!!



そもそも、他人のプレーを気にしても、コース、環境を気にしても、どうにもならないことだらけなんですよね。だとしたら、しっかり自分のことのみに集中することで、プレーの質を高めることから始めるのが一番ではないでしょうか?



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加