ゴルフでアプローチの苦手な人の共通点は、練習場でドライバーばかり打ちます。



アプローチの練習は面白くなく、20球ぐらいで飽きてしまい、すぐにドライバーにまた持ち替えます。やはりスコアをよくしたいのであればドライバーを家に置いてくるぐらいの気持ちでアプローチの練習をしないとうまくいきません。




表現が難しいのですが、アプローチは、腕ではなく体を芯に打つという感覚が身につかないといつまでたってもスコアがまとまることはありません。




アプローチは、基本のフォームを習得したら打って、打って、打ちまくらないと体に染みつかないと思います。家の近くが練習場など環境的に恵まれている人は良いのですが、そうでない人は家でもアプローチの練習ができる環境を作らないといけません。



そんなアプローチの練習環境を作るのに最適なグッツを紹介したいと思います。



ダイヤ(DAIYA)  アプローチ名人


41S0EXBZFAL.jpg


512V8R9AHJL.jpg


5Yから30Yくらいまでのイメージで練習できます。幅があまりないので、万が一シャンクなど左右にミスショットすると、室内練習では、部屋を壊すおそれがあります。緊張感と戦ってください(笑)



本体の作りはやや華奢な感じですが、壁際に置けば打ち込んでも倒れてしまうようなことはありません。一応コンパクトにたためるようになっているのですが、おそらく皆さん出しっぱなしです。そこは、あっという間に練習専用ルームになります。



これより小さいアプローチ練習グッツもありますが、小さすぎて練習になりません。すぐに飽きます。このアプローチ名人の良いところは4つ狙う的(穴)があり、高さを打ち分けたり高度な練習にも対応できるところがお勧めです。



★アプローチ上達の必須グッツ『アプローチ名人』の最安値は?(楽天)★



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加